2008年8月31日日曜日

RE-turn







ひさびさに田舎の九州へ帰りました。
仕事が終わってすぐに支度をして夜行バス乗り場へ向かい人生初のバスで九州までいきました。13時間の旅しかもリクライニングもないただの普通のバス。満席。寝れない。
九州の小倉駅で降りて、先に九州入りしてた両親、兄ちゃん家族、じいちゃんばあちゃんが車で迎えに来てくれててそのまま山口県の萩に向かいました。萩には親戚がいて、小学校のときに父ちゃんと一緒に行った以来でした。
そのときに世話をしてくれた2人のおばさん。2人とも歳を感じさせないくらい元気。話し始めたら止まらない。萩はゆったりとした居心地のいいところ。
一泊して九州へ帰る途中に日本一の鍾乳洞の秋芳洞によりました。平均気温が1年中15℃くらい。自然の造りだす造形の美しさ、これらの造形ができあがるまでの年月は人間の年齢なんてほんのわずかだと思い知らされる。
九州へ戻って親戚のおじちゃんおばちゃん家の新築マンションへお邪魔して、夕食しながら1年に1回の戸畑のお祭りである山笠祭り見学。本物のチョウチンを山のように積みあげて3地区が三角形の広場をグルグルまわって追い越し追い越せ。後半はもうどこも体力の限界かチョウチンが左右に倒れそうになってたしぶつかりあいでなぐりあいケンカになってた。さすが九州男児。
また来年も九州へ。
このガジェットでエラーが発生しました