2009年2月26日木曜日

RUA MAGAZINE


とうとう創刊しました。
photographerのSHAMAくんが”話したいことがあるんだけど”と昨年の秋に高円寺のinvade3で個展をやらせてもらったときに見に来てくれたついでに話をしてくれた。
”前から構想していたことなんだけどいつか自分でスケート雑誌を作りたいねん”
文章も極力入れず写真だけの雑誌。ヴィジュアルに徹した雑誌。photographerならphotographだけを見てもらいたい。見て感じてもらいたい。そんな話をしてもらいすごく共感した。その共感ぶりは久しぶりにゾクゾクって感じた。
それから自分のなかでRUAに載りたいって目標ができた。スケートトリック以外で撮るときの感覚はなんとなくRUAを意識してる気がする。だからなるべく風景を見て雰囲気を感じて写真を撮ってるんだと思う。そんなかっこいいこと言いながら全然撮れないんだけど。
でも今回の創刊号に1枚選ばれました。嬉しくて早く見たいんです。もちろん自分のより他の日本中のすばらしいphotographerたちの皆さんの写真もです。
RUA MAGAZINEは紙とwebの両方で発信していくということなのでweb siteも見てみてください。そしてshop listで自分の家の近くのshopを調べて買いに行ってみてください。

SHAMAくんBlog

2009年2月9日月曜日

SF@cafe Pain d'ePice




やっと展示してきました。まだカラーのみでモノクロは後ほど展示しに行く予定ですが1Fの壁全面には埋まってます。2Fにも少し飾ってあります。あがってみてください。
いつもそうなんですが展示しなきゃってあおられると頭や体をフル活動して展示準備をするので良い意味でテンションをあげてくれる。これが大事なんだなと思います。
展示してみて改めて気づくこともたくさんあります。失敗や成功を。
今回はすべて自分でプリントしました。いまや当たり前になっているデジタルをいっさい使わずにすべて手焼きです。仕事終わってから徹夜なみにプリントしました。って苦労しましたばりに言ってみたり。でも実際は楽しすぎて時間なんてあっという間だし疲れなんて感じなかった。
以前レンタル暗室で最後に焼いて満足してたときに先生に言われた言葉。
”これが最高だと思わないこと。まだできるって思いなさい”
そう。実はこのフライヤーに使ってる写真をレンタル暗室で焼いて初めて自分でカラーを焼いた思い出の写真なんだけど今回改めて焼き直したらぜんぜん違う色になった。今回のほうが今の自分の感情にはあっているなと感じるんです。だからたぶん1年後に同じ写真を焼いたらまた違う色がでてくるんだろうなと思う。
ってなわけでこれからも手焼きにこだわります。いま仕事のほうでも手焼きを提出してみようということで試し焼きしてます。楽しみ。

今回の展示場所は以前もやったことのある千葉の船橋にあるcafe Pain d'ePiceです。
展示終わったあとに食事をしたのですが正直おいしすぎて言葉にでちゃった。久々に手作りの温もりのある食事をしました。家庭の味を洗練させたらあんなおいしさになるんだろな。ほんとにおいしいですから。
場所はJR船橋駅から近いのですがちょっと小道にはいったところでちっちゃいお店なのでわかりづらいかもしれません。地図か住所を参考にして行ってみてください。

〒273-0005
船橋市本町4-43-15
TEL&FAX:047-425-6863

水〜土・祝 18:00~24:00
日曜日   11:30~19:00
月・火曜日 定休日

このガジェットでエラーが発生しました