2009年12月21日月曜日

RUA MAG#4

RUA MAGAZINE#4 "夜ヲキリトル"
今年1年、たくさんの雑誌に写真を載せてもらえることができました。自分ひとりの力じゃそんなことは到底無理なことだと、雑誌に自分の写真が出るたびに思います。
そんな今年最後の雑誌掲載がこのRUA MAGAZINEです。#4ということで4冊目ですが、毎回選考に残ることができ、今回も2枚の写真が選ばれました。
今回は創刊以来はじめての特集で、夜だけの写真が募集規定でした。僕は基本的にトリック以外の写真はストロボを使いません。自然の光が好きなので締め切りギリギリまで出そうか悩みました。
日本のストリートスケートの勝手なイメージって夜が多い気がします。それは特に人が密集している大都市に多い。どうしてもまだ日本ではスケートという文化が認められず除けもの扱いされているせいか、スケーターは夜の街を徘徊しながらスケートをしなきゃいけない。うるさい、危ない、そんなイメージなんだと思います。
でもスケートも文化のひとつだと思うんです。音楽と一緒。音楽だってストリートから産まれたものもあるし。
話がそれて行きそうですが、そんな日本スケートのイメージである夜。
当たり前のことですが、街には昼と夜で違う顔を持っています。昼間はごちゃごちゃしているなと思ってた場所が夜の黒に覆い隠されるんです。余計なものが排除されるというか。どちらが良いかというのはもちろんフォトグラファーの選択ですが、東京みたいに建物で密集した場所で撮影するときは夜のほうが好きかもしれません。
それをこのストリート雑誌(ruaとはポルトガル語でストリートって意味だそうです)RUA MAGAZINEが切り取ってくれましたが、色んな場所、色んな見え方、人それぞれあるんだなと思い知らされました。今回もまた本当におもしろい内容です。ぜひ見てみてください。



2009年12月19日土曜日

Akira Funato

Lesqueに新ライダーが正式加入しました。その名も船登晃。
クレイジーでファンキーでファニーな野郎です。
おめでとー!

2009年12月15日火曜日

SECRET CUT#10

今日は報告祭り。最後はフリーペーパーのスケート雑誌、SECRET CUTです。編集長はフォトグラファーのnakamuraさんです。
この雑誌も先日ブログにも書いたSb skateboard journalと同じく初デビューさせてもらいました。しかもいきなり3枚も載せてもらいました。ありがとうございます。
1枚目は初のNYでLesqueのイトシンとセッションした1枚です。あのNYのボウルといえばAUTUMN BOWL。鍵を持った人だけが入れると言われているそうです。運良く泊めてもらったMattとその友達に入れてもらえました。なのであまりの嬉しさにイトシンはひたすら滑っていました。筋肉痛になるくらいだって、あのイトシンがね!なのでこの写真は思い出と一緒にすごく好きな1枚です。レンガがかっこよすぎるスポットです。

2枚目は同じくフォトグラファーのValことバレリーくんの企画ページ。Lesqueのインタビューをしています。それに四国のツアー写真と正隆のある公園でのF/S Tail slideです。このインタビューではLesqueの営業マンの司くんも参加してます。最強の営業マンです。

最後に3枚目というか特集ページの”B&W is only film”で人生初めてのQ&Aをしてます。このページはフィルム好きの自分はいつも楽しみに見ている特集だったので自分の名前があがったときは嬉しかったです。真剣に考えて答えてますw モノクロフィルムや自分の考えについてね。これに使っているモノクロ写真はLesqueの祥太です。ストロボなしの自然光で影も良い感じでこれまたお気に入りの1枚です。

このSECRET CUTはフリーなのでもし欲しい方は連絡いただければ送ることもできます。たぶん。いや、お願いしてみます。それか全国のスケートショップに置いてあるところはあると思います。




Samurai magazine 2010 Jan

これまたTWSJに続き6日発売のサムライマガジン創刊10周年記念号のスケートボードのつまみというコーナーで前々回ではLesqueのイトシンこと伊藤慎一が出ましたが、今回は同じくLesqueの145さんこと荒畑潤一が出てます。
四国ツアーのときにこんなスポットでこのトリックは、長年の経験と常に向上心を持ち続けてる145さんならではだと思います。
まああまりトリックのことうんぬん述べてるより見てみてください。
それとまじめに文章書くことなんて、小学校以来じゃないかと思うくらいご無沙汰ですが、from PHOTOGRAPHERとして書いてくださいと編集部から言われたので、ちょこっとまじめに145さんについて書きました。それもまた見てやってください。この雑誌はコンビニにも置いてあると思いますので。












TWSJ#51

TRANSWORLD SKATEboarding JAPAN#51

ちょいと遅れましたが、6日発売のTWSJのRECENTLY REPORTにLesqueの記事が載ってます。四国ツアーの写真と合わせて145さんのインタビューに今年の出来事、今後の動きなどが紹介されてます。



2009年12月6日日曜日

Sb Skateboard Journal

久々の日記になってしまいました。良い報告ができるといいなと日々思っていたらこんなにも期間が空いてしまってました。
で、初めての掲載をすることができました。それがSb Skateboard Journalという雑誌。写真を撮り始めてからの日本国内のスケート雑誌に載ることの最終目標がこのSbでした。写真のクオリティ、デザイン、内容の濃さなどいつも出るのが楽しみな雑誌で、いつか自分もと目標にしていたのです。

某雑誌のある特集ページをきっかけにSbの編集長のSoさんとお会いするチャンスがあり、そのときに渡した自作出版したポートフォリオを見せてからすぐに次号のSbに向けて動いてほしいとの連絡を受けたのです。ちょうどLesqueの四国・大阪ツアーに行っている最中の夜中の出来事でした。あまりの嬉しさに今でも覚えているくらいです。
それから締め切りまでの間、Lesqueの正隆とのセッション、初めてのインタビュー、そして終わり扉用の写真を納得いくまで何度もこの場に行き、撮り直しました。ひさびさに必死になって撮影しました。
そのおかげで、腰を据えてきっちりカメラを構え、ある種の偶然やタイミングというものを学ばせてもらった気がします。そしてフィルムとデジタルの狭間に置かれている状況というものも考えさせられました。
そんなこんなで初Sbデビューもなかなか良いスタートだったと思います。今回に満足せずに次も掲載させてもらえるようにコツコツと撮り貯めていきたいと思ってます。

1枚目はLesqueの荒畑潤一”145”さんのAutobahnの広告に使ってもらいました。
2枚目は同じくLesqueの山城正隆のインタビュー&写真。K-grind transfer。
3枚目は前号からのタイトル”1枚の板と4つのタイヤで何をしているの”の終わりページ用に撮りおろした写真です。周りの知り合いにこの質問を投げかけてその答えが載っています。

2009年11月14日土曜日

Gifu Prefecture






11月初めにLesqueで岐阜ツアーに行ってきました。
初めての岐阜県、岐阜のスケーターと夜のどんちゃん騒ぎ、久々にあんなに笑いまくりました。
Lesqueは正隆以外のメンツに加えて最近正式ライダーになった船戸とflowのカナダ人Dan。
また良い思い出ができました。Lesqueのサイトに写真が置かれてます。

2009年11月8日日曜日

Itoshin×SCENE×AutumnBowl

Ebyに続きLesqueのイトシンのB/S noseblunt。NYのAutumn bowlでのセッション。
イトシンの地元茨城のショップSCENEのトップページに使ってもらいました。ありがとうございます。

2009年10月30日金曜日

Eby Ghafarian

先日LesqueのイトシンとのNY弾丸トラベラーのときにあのAutumn Bowlでお世話になったEby Ghafarianに写真を送ったところ彼のブログで紹介されてました。Ebyはすごく穏やかな性格で時間は守るし面倒くさいことも嫌な顔せずケアしてくれるような人でした。そんな彼のNYでの写真を残せたことはEbyにとっても自分にとっても良いセッションだったと思います。Ebyどうもありがとう。
P.S.彼のブログで違う日にイトシンのカメラでNYを切り取った写真も載っけられてました。photo by チアキだと思いますw

2009年10月22日木曜日

Brad Westcott P.E.P


Jaiに引き続きこんな方からもP.E.P!
Brad Westcott.
写真奥に見えるフルパイプ目指してハイキング。
嬉しいね。Brad,どうもありがとう。

2009年10月20日火曜日

Jai Tanju-P.E.P


フォトグラファーのJai Tanjuが始めたP.E.P。Print Exchange Programの略。訳するまでもなくそのままオリジナルプリントの交換で世界中の人たちと交流できる企画。
Jaiは写真家だけど色々なアイディアでおもしろいことをたくさんやってきてる人。こないだもこのP.E.Pのグループ展示を地元サンノゼで開いた。ぜひ参加したいと思ったときには時すでに遅しでした。次回は参加してやる。 そのJai宛に初めてプリントを送ってみたらお返事でこの写真が返ってきたということです。もちろんオリジナルプリント。写真の裏を見れば印画紙の文字が入ってるのですぐにわかります。
Jaiのブログを見ると世界中からのP.E.Pが送られてきてて紹介されてます。そのアドレスがあれば気になる人に写真を送ることができて交流できるんです。これってほんとおもしろい企画だと感心してます。ブログを見てると以外と日本人の人も参加してます。
スケートもそうだけど国境がないってこと。言葉もいらない。写真があればお互いの心を通わせることができるんです。

2009年10月19日月曜日

CALIFORNIA MASATAKA


先日アメリカへ単独修行にでかけた山城正隆選手。
22日から25日までカリフォルニア州コスタメサでのDAMN AM VOLCOMという大会に出るそうです。日本代表がんばってほしいものです。
そんな正隆のずっと昔からのスポンサーであるCALIFORNIA STREETさんのサイトトップページに写真が使われております。
見てやってください。あいかわらずスタイル全快です。

2009年10月16日金曜日

Sansei×TWJ×VISION









ブログを2週間も放置プレイしてました。すんません
記事にすることはたっくさんあるのですが自分のパソコンを開く時間すらありませんでした。
ってなわけでがんばって書いていこうと思います。

今月のはじめに発売されたTransworld SKATEboarding JAPAN#50に写真が2枚掲載されております。しかもライダーは2枚とも同じ。以前ちょろっとブログにも紹介しましたが沖縄の”三世”こと伊芸雄一です。スタイルは日本人離れ。かっちょいいです。最近は西東京で沖縄の後輩2人と共同生活だそうです。知っている人ならびっくりな話ですがあの三世がアニキ分のように2人を𠮟っているそうです。信じられません。
1枚はSightingsというコーナー。B/S Tailslide
もう1枚は三世のシューズスポンサーのVISION streetwearの広告です。Stalefish


2009年10月3日土曜日

Lesque "skate with us#2"


Lesqueツアーから帰ってきました。仕事&写真の整理に追われております。今回のツアーでたっくさんの出会いや再会があり楽しすぎました。
そして新しい映像もできあがったみたいです。この夏のイベントで動き回ったなかで撮られた映像です。楽しんでください。スケートしたくなってください。

2009年9月18日金曜日

Good Morning

おはようございます。徹夜しました。
なぜかというと遠足前の気分と同じでワクワクして眠れなくなってしまったからです。
今から仕事をして、今夜から27日まで約1週間Lesqueのみんなと四国・大阪ツアーに出かけてきます。また何か出会いや思い出ができるといいです。そして写真も増えていくと思います。楽しみだらけです。

先日ある雑誌の編集長さんと会って話ができ写真も見てもらえました。
思っていた以上に熱い人でたくさん語ってもらい、共感すること、考えさせられること、勉強になることなど久々に実のある話ができました。このいただいた実を大事に持って今後の写真の方向に向かって進めたらいいなと思います。

2009年9月12日土曜日

RUA MAGAZINE issue3

先ほどのSHAMAくんが創る最新号RUA MAGAZINE issue3が各地のショップに並び始めたようです。
今回は“昼”がテーマで、3枚の写真が選考に残りました。1枚でも多く選考に残ってほしいと毎回祈るような気持ちで写真たちを送り出すので、3枚も掲載されてほんとに嬉しい気持ちでいっぱいです。
1枚目は沖縄出身のLesque,DC shoes, LRGなどからスポンサードされてる山城正隆のB/S180 reargrind revert。やることは海外スケーターとおんなじです。怪物くんです。来月からカリフォルニアへ海外出張らしいです。おっかけます。
2枚目、3枚目は山形の寒河江にあるチェリーパークでのイベントでLesqueのみんなと遊びにいったときの写真です。あそこのパークも日本じゃないです。怪物パークです。ちなみに3枚目は子供の頃からウォーリーを探せが好きでそれに習って撮りました。ここでも正隆が登場してます。それとイトシンも隠れているので探してみてください。見つけたら連絡ください。

RUA CREATIVE PRODUCTION

デザイナーであり雑誌の編集長でありフォトグラファーでもあるSHAMAくんのサイト、RUA CREATIVE PRODUCTIONのWHO IS?に紹介されました。
SHAMAくんとはお互いフォトグラファー同士にも関わらず撮影現場にいても何も気まずいことなく、むしろああだこうだと言い合える仲良しさんです。こういう業界ではわりと珍しいかもしれません。だってライバルでもあるから。でも同じ写真を撮る仲間でもあり良いお兄ちゃんなので写真話で盛り上がることもあればプライベートの相談役にもなってくれます。ほんとすてきな人です。京都出身ということもあって関西弁でいつも陽気。たっくさんの仲間がまわりにいる理由もそういう人柄があってこそだと思います。

WHO IS?では老若男女に関わらずSHAMAくんの気になったり出会った人たちを街角スナップしています。まあスケート業界狭いですが意外と名前は知ってたり顔は見たことあるけど名前がわからないって人が多い。気になった人が出ているとそれで一致したりします。これで声もかけやすくなると思うしコミュニケーションの手助けをしてくれるかもしれません。
今回はフォトグラファー特集の本間さんの次に紹介してもらいました。しかも動画付き。恥ずかしすぎて編集でかなりカバーしてもらったかんじです。
普段は人を撮る立場であってなるべく自然のままのその人を撮りたいと心がけているので、今回は逆の立場で自然にっていう相手の気持ちを知りました。
SHAMAくんどうもありがと。

2009年9月10日木曜日

Samurai Magazine10 2009Oct



今月発売のSamurai magazineのスケートボードのつまみというページでまたまたイトシンとのセッションができました。
新潟に行ったときに撮った写真です。この撮影のあとにゲリラ雨が降ったのですがその少しまえの嵐の前の静けさの雰囲気が出ている気がします。
それといつ見ても思いますがイトシンのボディバランスというかスタイルの良さに惚れぼれしちゃいます。それはただ単にトリックの技術がすごいからではなくてまずはデッキにどれだけ乗れているかってことだと思います。どれだけデッキと友達になれるかってこと。キャプテン翼とおんなじです。
実際イトシンとストリートへ行くとどこへ行くにもデッキに乗って自分の手足と同じ感覚で乗っているように見えます。それだけ乗り慣れているんです。すごく難しいトリックができることより基本がやっぱり大事だということを教えてくれます。
イトシンどうもありがとう。

2009年9月8日火曜日

nyc2RiO


New Yorkからかえってきました。Lesqueのイトシンこと伊藤慎一との2人旅。でも行き帰りは別の飛行機で現地集合、現地解散は大丈夫かなと思いましたが大丈夫でした。遠足は家に着くまでが遠足だと学校で習いました。
内容はおいおい報告できるんじゃないかと思います。すごく濃い滞在2日間のNYC旅行でした。そしてイトシンががんばってくれたおかげで良いものが残せました。ありがとう。

2009年8月24日月曜日

Brand-new B.D.W

ご無沙汰してました。色々と準備やら仕事やらで忙しい毎日を送ってます。
体が元気なうちは忙しくてもやりたいことややらなきゃいけないことがあるだけでも良いと思うようにしてます。暇人よりはましです。
ちなみに最近はメモ代わりにiphoneアプリのToodledoというTo Do、やることをいろいろ書き出せてどのくらい重要か、期限など表示してくれます。つねに10個以上のTo Doがあるので消しても消してもやらなきゃいけないことがあります。

今回の写真はいつもスポンサードしてもらってるBoozeDesignWorksからいろいろと新作をもらいました。世間ではもう秋物が出始めているけど暑がりの自分にとっては10月までTシャツしか着れない。なのでたくさんおねだりしてもらいました。そんでもって今週末に初めてのNewYorkへ行ってきます。そのためのおねだりでもありました。歩く広告塔してきます。
いつも通りプリントものは全部手刷り。シャツは裁断から縫製まで手作り。今回気に入ったのはストラップにBoozeロゴが入ってるポーチ。これも手作り。普段あまりデイパックを持ち歩きたくないけどちょっとポケットに入らないものがあるときにこれなら便利。すごいフィットするのでいつもスケートに乗って移動するのにも気にならないね。
BoozeロゴのTシャツとポーチは9月の1週目に発売されます。気になった方はサイトをチェックしてみてください。あとBoozeのZINEがチラ見してます。もし気になったらメールしてみてください。もらえるかもよ。

2009年8月6日木曜日

Roots,Rock,Skate

そういえば今日8月6日はヒロシマ原爆投下の日ですね。普段なにも気にしていなければぜんぜん忘れてしまってた。9日はナガサキ。戦争こそ人間の最低な行為。権力者たちの自分が一番になりたいだけの行為。そんなもんクソッタレ。まだ世界中にはそんな最低な行為が日々繰り返されてるんです。
そんな気分のときはLet's skating. 夜の横浜みなとみらいを滑ってきます。

LANDSKATE03@Swingin' Market

LANDSKATE03 monochrome
5日遅れで始めました。すいません、いつも遅刻してしまってます。
カラーからモノクロに変換しました。Swingin'MarketのYOKくんと展示替え。お仕事の邪魔をしながらも、親知らず抜いて痛がってるのに、いつものYOKくんのテンションまであがらずなのに手伝っていただきました。ありがとうございます!Swingin' blog用に写真を撮ってもらいました。
ここ最近ずっとカラーばかりプリントしててモノクロの写真を見るとモノクロプリントしたくなって久々にモノクロ引伸し機を出してプリントしました。やっぱりモノクロはなにか魅力的なパワーをもっていますね。人間の目では表現できないグレーの現実というかなんというか。無駄な情報をギリギリまで削り取ってくれるというか。
それこそ今月末に一人旅でNew Yorkに行くんですがなぜかあそこはモノクロに見えるのでモノクロで写そうと思ってます。初NY楽しみ。
〒156−0051 東京都世田谷区宮坂3−46−2
℡ 03-6320-8949
open 11:00~22:00(無休)
2009年4月にオープンしたSwingin'Marketの路面店は世田谷区の経堂駅にございます。
小田急線 経堂駅下車 改札を出て左側(北口)を出てすずらん通り商店街を歩いて約5~6分
セブンイレブンを超えて花屋の隣が当店ショップです。
ショップへの地図・詳細はこちらをご覧ください

2009年7月30日木曜日

Best regards,

尊敬するフォトグラファーのBrian Gabermanにお手紙というかメールをしました。そうしたらすぐに返事がかえってきました。
thank you very much Ryo, i really appreciate it. I loved your photo. keep up the good work. -b

こないだのSLAP/Element photo contestの審査員であったBrian Gaberman。この人に見てもらえたことだけでも満足です。今はElementの専属フォトグラファーです。そして元プロスケーターです。

2009年7月23日木曜日

Lesque News "DC"





Lesque News
に先日の新木場でのDCイベントの写真がアップされてます
見てやってくださいなー

2009年7月20日月曜日

Sansei





ひさびさのストリートシューティング行ってきました。
沖縄出身の伊芸"三世"雄一。三世はLesqueの正隆と同じ琉球スケーター。
最近2度目の東京生活をスタートさせて先日のDCデモのときにひさびさに会って話をしてたら撮影話しで盛り上がりさっそくのシューティングになりました。
シューティング内容は置いといて三世の人懐っこい性格からバカな話でまたまた大盛り上がり。ビールを賭けてテンションあがった勢いでいいものをメイクしてくれました。三世おもしろすぎ。そして動きが外国人並み。


2009年7月15日水曜日

SLAP+Element Photo Contest,2nd runner-up!

今朝、メールを開いたら嬉しいお知らせが来てました。
Richard and Ryo,congrats on being the runners-up in the photo contest on the SLAP site!

SLAP+Element Photo ContestのWINNERが決まったようで編集長のMark Whiteleyからのメールでした。
先月6月21日のGo Skateboarding Dayという世界的なスケートボードの日があったのですが、アメリカのSLAP Skateboard Magazineという雑誌で今はネットマガジンになったのですが、そのSLAPでphoto contestがありました。それに何枚か応募したらその中の1枚でRUA MAGAZINEで表紙を飾らせてもらったLesqueの山城正隆のF/S 180がSecond Runner-Upに入賞しました!世界中から応募があるなかでここまでなるとは思ってもいなくて朝っぱらから興奮してます。写真を続けてて良かったなと純粋に嬉しい気持ちでいます。正隆ありがとう。
グランプリのLuke Holdstockの写真たち、良い写真です。

2009年7月12日日曜日

DC shoes






















新木場の倉庫で一日限りのDC shoes特設パークのデモに行ってきました。DC USライダーがこんなに来日することなんて滅多にないだけにデモがはじまったときには会場は人であふれてました。海外スケーターはやることが半端じゃないっす。でもそれに混じって日本のDCライダーもかなり観客をわかせておりました。浦さん、BUCHIくん、コウタ、われらが正隆。
写真を撮るのも忘れて見入ってましたとさ。
DCのCはColin McKay。この人を見れただけでも感動でした。
このガジェットでエラーが発生しました